コピーのお話。

ここではコピーが出来る種類などに関してご案内致します!!
コピーの種類、やり方をご説明致します。

コピーが出来る種類

DVDをコピーするものはいくつか有ると思います。
例えば結婚式等の思い出のDVD。例えば映画などのDVD。例えばTV番組。例えば・・・・
その中でコピーをするには前回の記事で紹介した2012年に改正された法律をやぶらないようにしてください。
つまりレンタルや買った映画などのDVDはコピーしてはダメです。TV番組もダメです。

やりかた

コピーをするのにいくつか方法があります。
1.コピーソフトなどを使用し、複製する。
コチラに関してはプリインストールされているソフトでもいいですし、
ネット上にフリーソフトがあるのでそちらをダウンロードしてもOKです!
ソフトによって使い方は変わってきますが、チャプターわけできたり簡単な編集も行うことが出来ます。

2.キャプチャーソフトなどを使い複製する。
コチラは上記のものとは違い、画面上に写っている画像をそのまま録画するというもの。
キャプチャーソフトはコピーガードを外すわけではありませんので、映画なども録画できるらしいです。
しかし、チャプターわけが出来なかったり、音声もその時再生したものしか録画ができないです。
そして、画面上に写っているものを録画するので録画するのに再生時間がかかり結果的に録画時間が長くなるなど
デメリットもたくさんあります。

まとめ

リッピングかキャプチャーかは用途によって使い分けたほうがいいかもです。
リッピングソフトの場合、かかる時間は早いですが制限があり、
キャプチャーソフトは制限はそこまでないが、時間がかかったり出来ないことも多いです。
キャプチャーソフトに関してはDVDコピー研究所|コピー手順も法律も徹底解説!を御覧ください!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

知らなきゃマズイ、DVDコピーの法律

ここではコピーの手順&法律に関してご案内致します!!
ココさえ読めばその手順&法律がわかるわけです!!!!きっと笑

法律が改正

以前まではコピーするのは個人の利用の範囲内なら大丈夫でした!譲渡したり売買をしなければ
違法にはならなかったということです。
し・か・し


<<<2012年10月1日から著作権法の一部が改正されます。

「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを権利者の意図しない手段で複製する行為は、

個人用途や家庭内利用の範囲から外され、違法となります。

TV録画および市販のDVDに対してこれらのツールを利用する場合は、Discの再生目的のみで利用してください。

Discの複製・変換を行う場合は、自作DVDや家庭用ビデオカメラで個人的に撮影したデータなどで利用するようにして下さい。>>>

となってコピーをすること自体が違法となり・・・・・って実は違います。

何をすると違法なの?

実はコピーをすること自体は違法じゃありません。上記の改正の中にある「技術的保護手段」ってものがキーワードですね。
これはよく聞く名称だとコピーガードとか言われているものです。
こいつを壊したり外したりすることが違法となります。
つまりはじめからコピーガードがかかっていない結婚式のDVDなどは違法となりません!!

まとめ

なので、たとえ個人利用目的であったとしてもリッピングソフトを使ってのレンタルDVD コピーなどは違法となりましたので、絶対にやめましょう。
CDのコピーは違法ではありません。
コピーガードを外すことが違法なので覚えておいてください!!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。